暮らし作り

  1. モノを手放すトラウマ

    今日は「モノを手放したトラウマ」について、です。 以前に、「モノを手放した事にトラウマがあるんです…」という方にお話しを伺った事がありました。

  2. モノの分かる家は、家族が動ける家への一歩

    ●家族みんなが共有で使っているモノの場所、分かっていますか?我が家の場合、ですが…例えば、爪切りの置いてある場所。少し前までは、子供は子供用の小さな爪切りを使っていました。ここ最近は大人用を家族全員で使っています。

  3. 収納アイデアより大切な事

    今って、色んな収納用品があり、便利グッズがあり、収納アイデアも様々ありますよね。私も、そういった情報があると「なるほどな〜」と思いながら見たり読んだりします。私自身も、そういった情報をインプットして参考にもしますし、お客様のお家で活用したりもします。

  4. 家が散らかっても、大丈夫と思えるのは

    我が家だけでしょうか…? 子供が体調を崩してお休みすると…なぜか家が荒れて見えます…。さらに、追い討ちをかけて天気が悪かったりすると、益々荒れて見えるような。

  5. それは、誰の思い出?

    以前にお伺いしたお客様のおうちでの事。「あ、これも子供からプレゼントされたの」「こっちも、ママこれあげる!と、くれたのよね」「…自分達が飽きちゃうと、私にプレゼントしてきてたんですよね〜…」 と、ここで気が付いたお客様(笑)気が付いたモノ。

  6. その収納場所、刷り込みでは?

    「使うモノ」を「使う場所」に!というお話しをこちらに書きました→迷子のモノは、いませんか?改めて家の中を眺めた時に、「そこに置く、収納するのが当たり前」と思い込んでるモノ、ありませんか?当たり前私の場合、のお話なのですが…私の実家の洗面所はかなり小ぶり…と...

  7. つい言ってしまう?「それとっておいて!」

    何かに使えるかもしれない…と思って、ついつい発してしまう「それ、とっといて!」は、無理やり使う為に「とっておいて」いませんか?そして、無理くり「ここで使ってみよう!」と思って試しても、 案外使いにくかったり…上手く収まる事って...

  8. 迷子のモノは、いませんか?

    ●使っているモノを、使っている場所に置く「ええ!?それって、当たり前では?」と思う方が多いと思うのですが、案外、「なぜ、ここに?」という物、コソコソッとありませんか?たぶんそれは、「そのモノ」を使っている人全員が「収納する場所」を把握してない可能性があります。

  9. 大事なモノは、人それぞれ

    大事な物、モノ。形のあるモノ、形のないモノ様々ありますが、この「大事」は人によって異なります。 あなたから見たら、価値の無いモノも、家族から見たらとても大切だったりする。その逆もあり、自分にとって大事なモノでも、家族から見たらなぜ大切なのか分からなかったり。

  10. あなたの意識が、行動に移せる為の暮らし作り

    例えば食事を意識する子育てを意識する学びを意識する介護のしやすさを意識する健康を意識する美容を意識するおしゃれを意識するコミュニケーションを意識するどれもこれも、バラバラに見えると思いますが共通してる事があります。

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る